大阪の絵画教室|アトリエTODAY

最新情報をブログでお届け!

速報!お嫁さんが見つかりました!

アトリエTODAYペットギャラリー☆
ショーベタ・プラカット♂に
お嫁さんが見つかりました!



今日はアトリエが休みなので
久しぶりにペットギャラリー☆の投稿です
アトリエTODAYのブログの記事は
児童画クラスと、このペットギャラリーが人気なのだそうです
ただし今回も興味のない方はスキップして下さい

速報!お嫁さんが見つかりました!_b0212226_17160246.jpg
以前、アトリエの Facebook でもご紹介しましたが
行きつけのペットショップで
熱帯魚コーナーの混泳水槽に一匹泳いでいた、
ベタ・プラカットの
今まで見たことのない色彩と模様に一目惚れして
衝動買いした(いつでも衝動買い?)
ショーベタの正体(品種)が
だんだんわかってきました(ベタに詳しい方は最初からご存知だと思います)
速報!お嫁さんが見つかりました!_b0212226_17204633.jpg
ベタは熱帯魚店やペットショップで
よく売られている
ポピュラーなタイ原産の淡水魚で
酸素が不要、色が様々、尾びれが長く美しく
気軽にコップ等で飼えるため人気ですが、
本来、タイでは2匹一緒にガラス瓶に入れて闘わせ
勝ち負けを競って賭け事に使う闘魚です

速報!お嫁さんが見つかりました!_b0212226_17163538.jpg
上の写真はアトリエにいる他のベタのオス
(これも今年衝動買いした若いベタ)
よく見かけるショーベタのハーフムーンという品種です
人間と違って、魚はオスの方が一般的に奇麗です
速報!お嫁さんが見つかりました!_b0212226_17164512.jpg
写真は2年前にアトリエで一般クラスのモデルをした
赤色のベタ
もう高齢です


今回、購入したベタは
ショーベタの中でも尾びれが短く原種に近い
より闘魚として改良したプラカットという種類で
様々な品種があり、最近、人気が出てきているそうです

速報!お嫁さんが見つかりました!_b0212226_17154703.jpg

プラカットのどんな品種なのかわからないまま
メスを探していたところ
昨年のアクアライフという熱帯魚の専門誌に
ベタのコンテストの紹介記事を見つけ
アトリエのベタは
プラカットのファンシードラゴンという品種で
コンテスト優勝と同じ系統のベタということが
雑誌の掲載写真でわかりました
速報!お嫁さんが見つかりました!_b0212226_17162467.jpg
ますます、メスが欲しくなって
インターネットで探していたところ
以前、行ったことのある
大阪市天王寺のベタ・専門店
「フォーチュン」にたずねて
メスをインターネットで予約
するとファンシードラゴンのメスを2匹在庫しているということで
さっそく注文、今日送ってもらいました
速報!お嫁さんが見つかりました!_b0212226_17145278.jpg

もともとコンテストはこのベタ・専門店
「フォーチュン」の主催で
雑誌で見たのは
この店が開催したコンテストの
プラカット部門優勝の品種と同じベタだったようです
詳しくは こちら


速報!お嫁さんが見つかりました!_b0212226_17135904.jpg
両手に花といったところ
若いメス2匹がやってきて
人間同様、もう興奮状態のオスです
メスを迎える家(泡巣)を
水槽の水面に
せっせとを作りはじめました

速報!お嫁さんが見つかりました!_b0212226_17140826.jpg
まだ少し小さいので
産卵できるまで育てて
一緒にしたいと思います
(なぜ、オス同士は闘い、メスはすぐに認識して迎え入れようとするのか
プラカットのオスとハーフムーンのオス同士はあまり反応せず
ガラス越しなのに同じ品種の雌雄だけをどう判別するのかなど...大変不思議な魚です)
速報!お嫁さんが見つかりました!_b0212226_17144404.jpg
ベタの特徴は
オスが卵のふ化から育児まで
愛情深く面倒をよくみるところです
そのため、縄張り意識が強く、
その習性を利用して闘魚用に人間が改良しました
速報!お嫁さんが見つかりました!_b0212226_17161291.jpg
育児をする姿を児童画クラスの子どもたちにも
ぜひ、見せたいと思い
今回メスを購入
久しぶりに繁殖させることにしました

速報!お嫁さんが見つかりました!_b0212226_17461565.jpg
また無事孵化して子育てに成功したときは
その様子を
このブログでお伝えしたいと思います
お楽しみに!

速報!お嫁さんが見つかりました!_b0212226_17150278.jpg




Commented by TODAYファン at 2014-10-13 19:22 x
熱帯魚の産卵や子育ては、一般にはあまり知られていないと思います。金魚すくいの金魚でも、結構長生きして飼い続けているとか、卵を産んでかえった、という方もいるでしょう。ベタも含め多くの熱帯魚を可哀想な目にあわせてきましたので、報告を楽しみにしています。ちなみに、我が家の水槽は今、グッピーの二代目が大繁殖してある程度大きくなり、魚口密度が高くなっています。
Commented by a-today at 2014-10-13 22:28
ベタのオスは、自分のヒレがぼろぼろになっても稚魚を育てようと24時間懸命に世話をします。そういった愛情や命を大切さを、子供達にも見せてあげたいのです。また、よい報告できるよう、大事に育てたいと思います。
by a-today | 2014-10-13 18:01 | ペットGallery☆ | Comments(2)